激しい運動をすると乳酸や重炭酸イオンが汗の成分内に増える

激しい運動をすると乳酸や重炭酸イオンが汗の成分内に増える

汗はいつでもかきますが特にスポーツをする時に大量にかくと思います。

 

汗は体臭が臭い人ほど匂うと思います。そういう人で、自覚(体臭が臭いのを)している人は、制汗スプレーなどをスポーツをする前に体にかけるなど対処をしている人も多いと思います。ですが皆さん知っていましたか?体臭はスポーツをする時は普段の汗よりも臭いことを、なぜスポーツをした時の方が汗が臭いかと言うと、激しい運動をすると乳酸や重炭酸イオンが汗の成分内に増え体臭が普段の汗より臭くなるという事です。

 

余談にはなりますが、なぜスポーツをする時に大量の汗をかくかというと、スポーツ時には体温が普段より上昇し体温を下げるために汗をかきます。
その為、普段より大量に汗をかきます。普段より匂う汗を大量にかくという事はおのずと体臭が臭くなります。また汗をかいて乾いた後も汗臭さが残りますね。

 

その理由は、汗の成分が皮膚に残り、その菌が繁殖しさらに匂いを増すためだと言われています。そのまま放置するとさらに匂いが増しますので、スポーツをした後はお風呂に入るなどしたほうがいいと思います。もしお風呂に入ることができない場合は汗をきれいなタオルなどでふき取ってから着替えるなど、できるだけ清潔な状態にするのがいいと思います。

 

この時に注意したいのは汗を大量にかいた後に乾いていない状態で大量に制汗スプレーをかける行為、なぜかと言うと制汗スプレーの匂いと汗のにおいが合わさってより刺激的なにおいを放つことがあるからです。その為、現在では、いろいろなタイプの制汗スプレーがあるので自分に合う制汗スプレーを探すことで体臭を減らすことができます。

 

また、制汗スプレーをスポーツする前に汗の気になる場所にかけることで、汗の量を事前に制御することができます。他にも脇汗が気になる方は脇汗パットをするなどいろいろな対策を複合することで体臭を抑えることができるので、スポーツをする時に試してみてください。