脇のムダ毛と汗の臭いの関係について

脇のムダ毛と汗の臭いの関係について

夏の汗が出やすい場所の中でも、臭いがきつくなりがちなのが脇で、汗染みも気にある部位でもあります。

 

しっかりとお風呂で洗ったり汗対策や脇の臭い対策を行なっているでしょうが、脇の臭いと大きく関係しているのが脇のムダ毛です。

 

女性の方はほとんど脇のムダ毛はお手入れしているでしょうが、男性の方はそのままというか方も多いはずです。

 

脇のムダ毛がもじゃもじゃと生えていると、お風呂でしっかりと脇を洗ったつもりでも、ムダ毛に阻まれてきれいに洗えていない場合があります。

 

雑菌はこうした洗い残しの垢や古い角質、皮脂などが大好物なので、汗をかいた時に雑菌の繁殖力が高まってしまって、脇の臭いをきつくさせてしまいます。

 

また、制汗剤などを塗ったりスプレーしたり、シートタイプのもので拭き取った時でも、やはりムダ毛に邪魔されてしまって、せっかくの有効成分が肌にとどかなかったり、シートで汗や雑菌などを拭ききれなかったりします。

 

このように、ムダ毛があるだけで脇の臭いを強めてしまいますから、男性の方でも脇のムダ毛を剃ってしまうのが体臭対策には有効です。

 

また、ムダ毛処理のやり方によっては脇の臭いにも大きく関係してきます。

 

抜いたり肌や毛穴などに刺激を与える方法でムダ毛処理を行なってしまうと、近くにあるアポクリン腺を活発にさせてしまいます。

 

汗が出てくる部分はエクリン腺とアポクリン腺の二種類ありますが、臭いを発する汗を出すのがアポクリン腺です。

 

脇にはこのアポクリン腺が多く存在していて、毛穴の近くにもあります。

 

例えば、ムダ毛処理で毛抜きなどで抜いていると毛穴がダメージを受けてしまいます。

 

また、毛穴だけでなく毛根や毛母細部というムダ毛を作っている細胞や組織にまで強い刺激を与えてしまって、その周辺にあるアポクリン腺にまで影響を与えてしまいます。すると、アポクリン腺の活動が高まり臭いのある汗を出すようになりますから、脇の臭いを強めてしまいます。

 

アポクリン腺を刺激しないためには肌に優しいムダ毛処理を心がけて、電気シェーバーやカミソリで優しく剃る方法が向いています。